From the Track to the Street



ミシュランのモーターサイクル用タイヤに使われているテクノロジーの多くは、レース活動よってブレークスルーしています。ミシュランはレースを実験研究室として使用しています。この研究活動を通してワールドグランプリのトップカテゴリーで350回以上勝利と26回のチャンピオンを獲得しました。この多くのワールドチャンピオンを輩出に貢献したミシュランの安全性とパフォーマンスをあなたも体感してください。

ミシュラン初の試み。

高いグリップを発揮するためには、より広い接地面積が必要です。1973 年、伝説のGP ライダー、ジャックフィンドレイは
続きを読む...

詳細

重要なイノベーション

1984 年、フレディー・スペンサーのライディングによって、ミシュランはラジアルタイヤ( リアタイヤに装着) でWGP500cc クラスで初勝利を獲得
続きを読む...

詳細

雨の鈴鹿サーキット

ミシュランは従来補強材として使っていたカーボンブラックに取って代わり、シリカをラバーコンパウンドと配合するプロセスを開発しました 
続きを読む...

詳細

グリップ力と耐久性の両立

ミシュラン初の2コンパウンドテクノロジータイヤ(2CT)は1994年にWGP500ccで使用されました。
続きを読む...

詳細

物理学者から科学者へ

「最初は3、4種類のラバーコンパウンドから始めた時、私達は物理学者のようでした。しかし、努力を重ね私達は化学者になりました 
続きを読む...

詳細
お問合わせ

 

© 2010 Michelin Photos Copyright Michelin
ミシュランジャパングループは皆様からご回答いただいた内容は全て機密事項として扱います。詳しくは弊社 プライバシーポリシー をご覧ください。
ご意見をお聞かせください!

ミシュランジャパングループは皆様のご要望にお応えできるウェブサイトの構築を目指し簡単なアンケートを実施しております。是非、皆様のご意見をお聞かせください。