MICHELIN PILOT ROAD3


zoom

PILOT ROAD3」は、スポーツツーリングをメインにしているユーザーが求める、あらゆる気象条件下(積雪路・凍結路など一般的にオンロード二輪車で走行できない状況は除きます。)での優れたグリップ性能とロングライフ性能の両立を目標に開発。 このセグメントのタイヤは多種多様な車種、路面コンディションやライディングスタイルに広く適合しなければなりません。 「PILOT ROAD3」には、次のオブジェクティブ(開発要件)が与えられました。 1. 低温時、ウェット、白線、マンホールなど滑りやすいコンディションでのグリップ性能においてリーダーシップを発揮し、ミシュランタイヤの更なる安全性のイメージを強化する事。 2. 常に革新的な技術を探求し、 ライダーへより高い安全性と安心感を提供する事。

  • MICHELIN XSTは、タイヤと路面との間に介在する残留水膜を排除し、可能な限りドライコンディションに近いグリップ力の確保を促します。 •路面をつかむ(1)ブロックのエッジ部分に高い圧力が掛かり水膜を切り裂きタイヤが路面に接地(=エッジ効果)。(2)毛細管現象(=スポイト効果)を利用して吸い上げた水は、トレッドのグルーブ(広い溝)を通して排水されます。
  • ダブル-エフェクト“ウェル” (貯水ホール)(1)サイプに沿って配置された“ウェル”は 接地面の水分を吸水し、排水能力の向上に寄与しています=ポンプ効果。(2)また、サイプによって吸水した水分は一時的に“ウェル”へ流れ、貯水する事でサイプの吸水能力をさらに高めます。 したがって、この“ウェル“を介して数本の短いブレードを配置した方が、1本の長いブレードに比べより高い効果の排水が期待できます。
  • フルディプス&傾斜サイプ(1)グルーブと同じ深さまで刻まれたフルディプス・サイプはタイヤの最終寿命まで諸性能の維持に貢献します。(2)理想的なコンタクトパッチ(接地面)を確保する為に最適化された傾斜サイプによりサイプ効果を高めかつ偏摩耗を抑制します。
  • デュアルコンパウンドテクノロジー2CT 。MICHELIN PILOT ROAD 3の構造とプロファイルは、マーケットにおいて立証されたMICHELIN PILOT ROAD 2の優位性を保持し、基本デザインの継承しながら更なる最適化をはかりました。2CTはMICHELIN PILOT ROAD 2と同様のトレッド分割比率を継承しています。
お問合わせ
© 2010 Michelin Photos Copyright Michelin
ミシュランジャパングループは皆様からご回答いただいた内容は全て機密事項として扱います。詳しくは弊社 プライバシーポリシー をご覧ください。
ご意見をお聞かせください!

ミシュランジャパングループは皆様のご要望にお応えできるウェブサイトの構築を目指し簡単なアンケートを実施しております。是非、皆様のご意見をお聞かせください。